写真

11日、騰訊網に、山西省平遥県で開かれた映画祭で日本の映画監督が中国の観客に対して映画館内での撮影に関する苦言を呈したことを紹介する文章が掲載された。

2019年10月11日、騰訊網に、山西省平遥県で開かれた映画祭で日本の映画監督が中国の観客に対して映画館内での撮影に関する苦言を呈したことを紹介する記事が掲載された。 記事によると、日本のホラー映画「犬鳴村」が11日に第3回平遥国際映画祭で上映され、記者会見と舞台あいさつに清水崇監督が登場した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング