写真

中国メディア・澎湃新聞は7日、「韓国政府に対するGSOMIA破棄撤回への圧力が、国内だけでなく国外からも高まっている。韓国はGSOMIAを更新する動きを見せるだろうか?」と問い、中国の専門家らの見解を紹介した。資料写真。

韓国政府が破棄する方針を発表した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の有効期限が11月22日に迫っている。中国メディア・澎湃新聞は7日、「韓国政府に対する破棄撤回への圧力が、国内だけでなく国外からも高まっている。韓国はGSOMIAを更新する動きを見せるだろうか?」と問い、中国の専門家らの見解を紹介した。 記事はまず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング