写真

11年間で106回の献血を行い、中国で「献血大王」と称されていた男性が先日、48歳で亡くなった。資料写真。

11年間で106回の献血を行い、中国で「献血大王」と称されていた男性が先日、48歳で亡くなった。中国メディア・北京晩報のウェブサイト、北晩新視覚が11日に報じた。 記事によると、湖北省孝感市の汪炎平(ワン・イエンピン)さんは2005年の春節に弟と初めて献血を経験した際、医師の「献血をしても自分が傷つくことはないし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング