写真

ケビン・シュナイダー在日米軍司令官がこのほど、自衛隊の南シナ海派遣を「非常にいいこと」と発言したことについて、中国紙・環球時報は「米国がまた減らず口をたたいた」と反発した。資料写真。

2020年1月20日、中国紙・環球時報は、ケビン・シュナイダー在日米軍司令官がこのほど、読売新聞の単独インタビューで、自衛隊の南シナ海派遣を「非常にいいこと」と発言したことについて、「米国がまた減らず口をたたいた」と反発する記事を掲載した。 記事はまず、シュナイダー司令官が、「最も差し迫った安全保障上の挑戦は北朝鮮だが、長期的にみて日米両国にとって、そしてこの地域、世界にとっても、最も大きな挑戦は中国によって引き起こされるものだ」「自衛隊の南シナ海派遣は非常にいいことだ」「中国の悪意ある行動が法の支配に基づく国際秩序を害する分野では、異議を唱え、それらに対処しなければならない」などと発言した… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング