写真

1日、環球時報は、マスク文化に対する態度の違いが、東アジアと西洋との新型コロナウイルス感染拡大の明暗を分けたとする、沖縄大学教授・劉剛氏の評論記事を掲載した。写真は日本人。

2020年4月1日、環球時報は、マスク文化に対する態度の違いが、東アジアと西洋との新型コロナウイルス感染拡大の明暗を分けたとする、沖縄大学教授・劉剛(リウ・ガン)氏の評論記事を掲載した。以下はその概要。 新型コロナウイルス肺炎の感染が拡大して以降「果たしてマスクを装着すべきか」が議論のテーマとなっている。特に西洋の人びとはマスクを進んで着けようとする東アジア市民とは異なった考え方を持っており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング