写真

世界保健機関のガウデン・ガレア駐中代表は7日、中国で見られた致死率の変化などに言及し、中国の致死率が低い理由を説明した。中国メディア・央視網が8日付で報じた。写真は武漢市。

世界保健機関(WHO)のガウデン・ガレア駐中代表は7日、中国で見られた致死率の変化などに言及し、中国の致死率が低い理由を説明した。中国メディア・央視網が8日付で報じた。 各国の致死率は4月5日の時点で、イタリアが最も高い12.3%で、フランスが11.0%、スペインが9.4%と続いており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング