写真

26日、韓国・ハンギョレ新聞によると、韓国政府が昨年負担した駐韓米軍の防衛費のうち134億ウォンが駐日米軍の装備整備の支援に使われていたことが分かり、物議を醸している。写真は米軍嘉手納基地。

2020年5月26日、韓国・ハンギョレ新聞によると、韓国政府が昨年負担した駐韓米軍の防衛費のうち134億ウォン(約11億円)が駐日米軍の装備整備の支援に使われていたことが分かり、物議を醸している。 記事によると、これについて韓国国防部は「営外の米軍装備支援は有事の際に朝鮮半島に増員される戦力を対象に行われているため、韓国の安全保障に肯定的に寄与する活動だ」と説明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング