写真

29日、韓国・ヘラルド経済は、韓国通商トップが、世界貿易機関の事務局長選挙に立候補を表明したことを受け、日本が国際社会の中で実質的な「落選運動」を始めたと報じた。写真は世界貿易機関本部。

2020年6月29日、韓国・ヘラルド経済は、韓国産業通商資源部の愈明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が、世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙に立候補を表明したことを受け、日本が国際社会の中で実質的な「落選運動」を始めたと報じた。 記事によると、日本の外交消息筋は同日、「日本政府内では先週、愈氏のWTO事務局長選立候補に反対の立場を取ることを決めた」とし、「主要加盟国(日本)との紛争が進行中の国(韓国)の候補が、事務局長になることは適切ではないと、日本側から既に主要加盟国に対して非公式に伝えたと聞いている」と語った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング