写真

白鯨出海は3日、「中国アプリ禁止令から3日後のインドのGoogle PlayストアのTop100に、中国アプリを検出するアプリが再び現れた」と伝えている。

インド政府は6月29日、インドの主権や安全、個人情報を脅かしているとして、動画共有アプリのTikTok(ティックトック)やメッセージアプリの微信(ウィーチャット)など中国企業が開発した59のモバイルアプリの使用を禁止すると発表した。 これに関連し、中国のIT企業向け海外進出サポートプラットフォーム、白鯨出海は7月3日、「中国アプリ禁止令から3日後のインドのGooglePlayストアのTop100に、中国アプリを検出するアプリが再び現れた」と伝えている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング