写真

7日に長江水利委員会が明らかにしたところでは、このところの強い降雨の影響を受け、長江中流の監利県より下流の区間では全域で水位が警戒線を超えている。

7日に長江水利委員会が明らかにしたところでは、このところの強い降雨の影響を受け、長江中流の監利県より下流の区間では全域で水位が警戒線を超えている。これを受け、同委員会では水量調整に関する命令を発し、7月6日22時から三峡ダムからの放流量を毎秒3万1000立方メートルまで減らし、中下流域の水害防止圧力を軽減するよう指示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング