写真

ロシア・スプートニクの10日付報道によると、WHOロシア支部のメリタ・ブイノビッチ代表は、「新型コロナウイルスが感染発生前に長く潜伏していた可能性を否定できない」と述べた。写真はイタリア。

ロシア・RIAノーボスチの10日付報道によると、世界保健機関(WHO)ロシア支部のメリタ・ブイノビッチ代表は同メディアの取材に対し、「新型コロナウイルスが感染発生前に長く潜伏していた可能性を否定できない」と述べた。環球網が伝えた。 オックスフォード大学のトム・ジェファーソン博士は先に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング