写真

慶應義塾大学

慶應義塾大学医学部眼科学教室の坪田一男教授らは、都内小学生の76.5%、中学生の94.9%が近視であるとの調査結果を発表した。強度近視は日本の失明原因疾患の第4位となっており、近視予防は急務だという。また、ドライアイと関連がある可能性も報告されている。 近視は、遠方のものを見るときに焦点を網膜上に合わせることができず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング