言論封殺、続く闘い ネットで罵倒「新しい暴力」 朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年

産経ニュース / 2017年5月1日 21時15分

朝日新聞阪神支局襲撃事件は、言論の自由を暴力や恐怖で封殺しようとする蛮行として、当時の社会に大きな衝撃を与えた。専門家は同事件について、「言論を暴力で封殺しようという戦後史でも特筆すべき出来事」と指摘する。同種の事件はその後も繰り返されており、近年はインターネットを通じた「新しい形の暴力」も活発化している。報道機関や政財界を狙った言論への敵対行為は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング