写真

理不尽な動機の事件も相次ぎ、秋葉原無差別殺傷事件では休日の歩行者天国が狙われた =平成20年6月8日、東京・秋葉原(産経新聞)

今年7月下旬。平日の昼過ぎにもかかわらず、東京・秋葉原は多くの人が行き交っていた。交差点では、信号待ちの買い物客が歩道からはみ出すように膨れ上がり、あの日の惨状は幻のようだ。「この辺りも随分、変わったな」。毎年、事件の日に訪れている元警視庁捜査1課理事官の石川輝行氏がつぶやいた。平成20年6月8日午後1時過ぎ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング