【日航機墜落32年】97家族359人「命の大切さ知って」

産経ニュース / 2017年8月13日 12時6分

520人の命が奪われた日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年を迎えた。日中にかけて気温が上昇する中、多くの遺族や関係者が事故現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」を早朝から訪れ、祈りをささげた。事故後に生まれた若い世代も参加、未曾有(みぞう)の事故から得た教訓は途切れることなく受け継がれている。(吉原実、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング