大井埠頭に有毒「アカカミアリ」50匹 

産経ニュース / 2017年8月17日 17時0分

東京都は17日、大井埠頭(品川区)のコンテナヤードで、特定外来生物で有毒のアカカミアリが約50匹見つかったと発表した。人がかまれるなどの被害はなく、女王アリは確認されていない。都によると、アリは13日、コンテナヤードの舗装の隙間で発見され、16日に専門家がアカカミアリと確認した。アカカミアリは体長3〜5ミリで体の色は赤褐色。ヒアリと比べ毒性は弱いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング