「死刑廃止は人権擁護活動」 日弁連が公開質問状に回答

産経ニュース / 2017年9月20日 22時30分

「死刑廃止宣言」を採択した日本弁護士連合会(日弁連)に対し、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」顧問の岡村勲氏ら弁護士106人が、犯罪被害者との関係への見解などをただした公開質問状について、日弁連は20日、「死刑制度廃止に向けた活動は人権擁護活動の一端」などとする回答書を出した。日弁連は昨年10月に採択した「2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきだ」とする宣言は「多くの賛否の議論をいただいた上で可決した」と説明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング