「お父さんに負けたなんて言えない」 原発事故後、千葉に避難した菅野美貴子さん

産経ニュース / 2017年9月22日 20時15分

「お父さんに負けたなんて、言えないよ」。千葉地裁での判決後、福島県南相馬市から千葉市へ避難している原告、菅野美貴子さん(62)は、2年前に64歳で他界した夫の秀一さんを思い、つぶやいた。昭和48年に結婚し、夫婦で石材店を営んできた。2人の息子にも恵まれた幸せな毎日は、平成23年3月の東日本大震災と原発事故で一変する。市の避難勧告を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング