昨年12月に糸魚川市で発生した大火の火元となり、業務上失火の罪に問われた同市大町のラーメン店の元店主、周顕和被告(73)の判決公判が15日、新潟地裁高田支部で開かれ、石田憲一裁判長は周被告に禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年)を言い渡した。判決によると、昨年12月22日、周被告はラーメン店の調理場で中華鍋をコンロの火にかけたまま外出し、鍋の中身を発火させて同店を含む147棟、計約3万平方メートルを焼損させた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング