【大宮風俗ビル火災】「ドーンという大きな爆発音」「煙がすごかった」言葉失う市民

産経ニュース / 2017年12月17日 20時50分

「霧で覆われているようだった」。17日午後、さいたま市で4人が死亡したソープランドでの火災。当時は風が強く、あおられた煙が広がったとみられ、同夜に鎮圧するまでに約5時間を要した。最寄りのJR大宮駅東口周辺には不穏な煙の匂いがただよい、日曜日の繁華街は騒然とした。さいたま市消防局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング