【はれのひ閉鎖】「早く上場したい」仕事完璧、面倒見よい…好評価の社長の転落

産経ニュース / 2018年1月12日 22時20分

成人の日を前に突如営業を停止し、大混乱を引き起こした「はれのひ」。同社の篠崎洋一郎社長(55)は依然として行方をくらましている。周囲に「早く上場したい」と明かすなど、強い上昇志向で順調に事業を拡大していたが、最近は急激に業績が悪化。当座の資金繰りにも腐心していた様子が見え隠れする。敏腕社長のもくろみは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング