写真

立ち往生したJR信越線の普通電車内。立つ人も多く混雑していた=11日夜(「フェイスブック新潟県人会」提供)

立ち客210人を含む約430人の客を乗せた普通電車は駅を発車してわずか2分後、約300メートル進んでストップした。JR信越線が立ち往生したトラブルは、乗客が約15時間半も車内に閉じ込められる異例の事態に。JR東日本や行政は一体何をしていたのか。JR東日本新潟支社によると、管内には積雪の運行停止基準やマニュアルはなかった。問題の電車は11日午後7時前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング