群馬県の旧群馬町(現高崎市)の住宅で平成10年1月に一家3人が殺害された事件から14日で20年になるのを前に、遺族の女性が12日、事件後初めてコメントを出し、心境を語った。女性は事件後の20年間を「心から安らぐ事もできず、覚める事のない悪夢をずっと見続けているよう」と振り返った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング