懲りないストーカー職員 「同様の行為した場合は懲戒処分」で再び 埼玉・鶴ケ島市

産経ニュース / 2018年1月24日 10時50分

埼玉県鶴ケ島市は23日、女性職員にストーカー行為を行ったとして、同市都市整備部の男性主査(47)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。同市人事課によると、主査は所属の違う女性職員に恋愛感情を抱き、断られたにもかかわらず、平成29年12月18日まで約1年9カ月間にわたり、断続的に待ち伏せやショートメールを送るなどのストーカー行為を行ったとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング