【仮想通貨流出】警視庁、捜査本部設置へ 約100人規模

産経ニュース / 2018年2月23日 19時50分

不正アクセスにより約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が交換業者コインチェック(東京)から流出した問題で、警視庁が約100人規模の捜査本部を設置する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。設置は26日。同庁は不正アクセス禁止法違反容疑などでの立件を視野に捜査を本格化させる。同庁はこれまでに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング