「死にたい」静岡刑務所内で放火 受刑者を書類送検

産経ニュース / 2018年3月14日 8時30分

刑務所の独房の布団などに放火したとして、静岡刑務所は13日、建造物等以外放火の疑いで40代の男性受刑者を静岡地検に書類送検した。同刑務所によると、男性受刑者は「死にたいと思った」と容疑を認めている。送検容疑は昨年10月23日午前1時45分ごろ、同刑務所の独房で収納棚にあったちり紙や掛け布団などにライターのような発火物で火をつけ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング