日本年金機構情報流出 容疑者不詳のまま時効、捜査終結

産経ニュース / 2018年5月21日 22時0分

平成27年5月に日本年金機構がサイバー攻撃を受け、大量の個人情報が流出した事件で、警視庁公安部は21日、容疑者不詳のまま不正指令電磁的記録供用の疑いで書類送検し、捜査を終結した。20日に公訴時効を迎えていた。公安部などによると、業務を装った「標的型メール」が送られるサイバー攻撃を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング