【アメフット】捜査機関に委ねられた真相究明 「背景含め検証を」

産経ニュース / 2018年5月26日 22時1分

悪質な反則行為は、なぜ起こったのか。関西学院大側は日本大側の第三者機関による真相究明には限界があるとし、最終的な判断を捜査機関の手に委ねた。警視庁は今後、関係者への聴き取りなど本格的な捜査に乗り出すとみられるが、前例の少ないスポーツ中の行為の立件に慎重な声もある。専門家は「事件の背景を含めた客観的な検証が必要だ」と指摘する。反則行為をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング