写真

殺人計画や薬物の取引など、犯罪を誘引するインターネットのサイト上の情報をめぐっては、警察当局がサイバーパトロールを実施しているほか、民間団体とも連携して対策を進めている。しかし、一見有害情報とは判断しにくい「隠語」による取引や、SNS(会員制交流サイト)の非公開機能を利用した勧誘など手口は複雑化しており、専門家は「摘発は容易ではない」と指摘する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング