山梨県山梨市の職員採用をめぐる不正事件で、同市の高木晴雄市長は10日、望月清賢元市長らの関与で試験の点数が水増しされた職員6人の採用取り消しを発表。一人につき慰謝料40万円を支払うことも明らかにした。市は慰謝料などの費用を9月補正予算案に計上し、慰謝料分などを望月元市長に請求する。だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング