【西日本豪雨】災害時、行方不明者氏名公表で安否確認 個人情報保護より公益性

産経ニュース / 2018年7月11日 21時50分

岡山県が11日、県内で安否が分からない人々の氏名公表に踏み切った。行方不明者の氏名公表は広く情報提供を求める狙いがあり、集まった情報が捜索活動に役立ったケースは多い。限られた時間と資源の中で人命救助を進める際、専門家は「個人情報保護より氏名公表の公益性が上回る」と指摘する。39人の死者・行方不明者が出た平成25年10月の東京・伊豆大島の土砂災害は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング