浄水器や健康食品の開発・販売を手がける「エナジック」(東京都中央区)グループ3社が、東京国税局などの税務調査を受け、昨年3月期までの3年間に計約30億円の申告漏れを指摘されていたことが13日、関係者への取材で分かった。国税局はこのうち約8億円が仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しに当たると認定した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング