宇都宮の中学校で52歳バレーボール部顧問が部員を靴で殴打 過去にも体罰で懲戒処分

産経ニュース / 2018年8月10日 17時0分

宇都宮市教育委員会は10日、宇都宮市立の中学校で、男子バレーボール部の顧問の男性教諭(52)が、部員の頬を平手でたたくなどの体罰を行っていたと発表した。市教委は懲戒処分に相当するとしている。市教委の発表によると、男性教諭は昨年8月下旬~今年7月、2、3年の男子部員6人に対し、すねを蹴ったり靴でたたいたりする計13回の暴力行為があった。7月20日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング