津波試算や対策で目立つ食い違い 武藤元副社長、社員らの証言、次々否定

産経ニュース / 2018年10月17日 20時45分

東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3被告の公判は16、17の両日、東京地裁で元副社長、武藤栄被告(68)への被告人質問が行われた。武藤被告の発言は、これまで公判で示された部下らの証言内容と食い違う部分が目立った。津波高の試算や安全対策で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング