「あおり運転」暴行容疑でブラジル国籍の男逮捕 群馬県太田市

産経ニュース / 2018年12月10日 20時0分

群馬県警太田署は8日、太田市内の市道で「あおり運転」をしたとして、暴行の疑いで太田市東新町のとび職、カンポス・フェヘイラ・ハウ容疑者(25)=ブラジル国籍=を逮捕した。調べに対し「あおり運転はしていない」と容疑を否認している。逮捕容疑は、8日午前5時40分ごろ、太田市内の市道で前方を走っていた太田市の男性会社員(54)の原付きバイクに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング