「量刑悩んだ」裁判員ら 大阪・寝屋川中1男女殺害で死刑判決

産経ニュース / 2018年12月19日 20時5分

山田浩二被告に対して死刑を言い渡した19日の大阪地裁判決の閉廷後、裁判員5人と補充裁判員1人が記者会見し、「量刑判断に頭を悩ませた」と振り返った。もっとも判断が難しかった点を記者から尋ねられると、全員が「量刑」とコメント。30代男性は「資料を見たり過去の事例と照らし合わせたりしても難しく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング