老人ホーム運営「未来設計」が民事再生法適用申請 負債総額70億円 

産経ニュース / 2019年1月22日 19時50分

首都圏で有料老人ホーム37施設を展開し、約2千人の入居者を抱える未来設計(東京)が22日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。同社は入居者から預かった「入居一時金」を運転資金に流用、前経営陣による粉飾決算が発覚し、債務超過に陥っていた。東京商工リサーチによると、負債総額は約70億円で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング