飛行禁止区域でドローン飛ばす 容疑の自称ミュージシャンを書類送検

産経ニュース / 2019年3月18日 18時30分

飛行禁止区域でドローンを飛行させたとして、神奈川県警相模原南署は18日、航空法違反容疑で相模原市南区に住む自称ミュージシャンの男(36)を書類送検した。容疑を認めている。書類送検容疑は1月1日午前10時55分ごろ、国土交通大臣の許可を得ないまま、相模原市南区相武台団地内の歩道から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング