「反天皇制」裁判所の自浄能力注視 調査の甘さ指摘も

産経ニュース / 2019年3月22日 22時20分

「反天皇制」の活動を行っている名古屋家裁の男性判事について、最高裁が調査に乗り出したことが明らかになった。判事の言動は、裁判所法が禁じる「裁判官の積極的政治運動」に抵触する可能性があり、国会などから詳しい調査と罷免を含めた厳正な対応を求める声が相次いでいる。産経新聞が今月13日に問題を報道後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング