小6長女の頭踏む、暴行容疑で父親逮捕 仙台

産経ニュース / 2019年4月15日 20時45分

長女(12)の頭を踏みつけるなどの暴行を加えたとして、宮城県警泉署は15日、暴行の疑いで仙台市泉区向陽台の会社員、後藤亨智(ゆきのり)容疑者(43)を逮捕した。容疑を認めている。逮捕容疑は昨年8月26日午後9時ごろ、自宅で当時小学6年だった長女の頭を数回踏むなどしたとしている。同署によると娘は頭痛を訴えて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング