ゴーン被告、妻との接触禁止 東京地裁の保釈決定条件

産経ニュース / 2019年4月25日 16時0分

東京地裁が会社法違反(特別背任)の罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の保釈を決定した条件の中に、妻、キャロルさんとの接触禁止が盛り込まれていたことが25日、関係者への取材で分かった。地裁は同日、弁護側の保釈請求を認める決定をした。保釈保証金は5億円で、既に納付された。検察側は決定を不服として準抗告した。地裁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング