裁判員10年 裁判官インタビュー(6)「裁判が立体的、カラフルに」仙台地家裁・大川隆男裁判官(45) 22件担当

産経ニュース / 2019年5月21日 14時5分

(聞き手・加藤園子、件数は担当した1審裁判員裁判の数)--裁判員裁判の導入で、刑事裁判はどう変わりましたか「刑事裁判が立体的に、あるいはカラフルになりました。社会の多様な経験が刑事裁判に持ち込まれ、裁判員の方々と証拠や量刑事情を評価していく。裁判官裁判も間違っていたとは思いませんが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング