「潔く死刑受け入れる」 眼球提供希望も…「後妻業」の被告が独白

産経ニュース / 2019年5月22日 16時0分

経歴や手口から「後妻業(ごさいぎょう)の女」と呼ばれ、社会の注目を集めた女がいる。筧(かけひ)千佐子被告(72)。京都、大阪、兵庫3府県で起きた連続青酸死事件で逮捕・起訴され、1審京都地裁で死刑判決を受けた。24日には大阪高裁で控訴審判決が開かれる。「殺したら“負け”の世界」「潔く死刑を受け入れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング