【変わる法廷 裁判員制度10年(6)完】経験の継承、守秘義務が壁 成熟した制度へ見直し提言

産経ニュース / 2019年5月27日 7時0分

「十分話し合っていないのに、多数決をとるのはおかしい」「多数決で決めていいと思う」1月、東京都内で小学生らが意見を交わした。クラスで行うレクリエーションを多数決で決めた後に不満が出たという想定で、解決策を探るためだ。「自分の考えを客観視し、意見をきちんと伝えられるようになってほしい」。歯科医師の古平衣美(こだいら・えみ)さん(46)はそんな思いから、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング