近大飲酒死亡で学生ら12人を書類送検 大阪府警

産経ニュース / 2019年5月27日 16時55分

近畿大(大阪府東大阪市)で平成29年12月、テニスサークルの飲み会で飲酒した登森勇斗(ともりはやと)さん=当時(20)=が死亡した問題で、大阪府警捜査1課は27日、救急搬送するなど適切な処置をしなかったとして保護責任者遺棄致死容疑で、飲み会に参加していた当時の上級生4人と、介抱役の当時の同級生8人の計12人を書類送検した。府警や近大によると、登森さんは29年12月11日に東大阪市の居酒屋で開かれた飲み会に参加した際、ウオッカなどを多量に飲み、呼びかけに応じなくなった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング