鶴岡の液状化、埋め立て影響か 専門家「余震で被害拡大も」

産経ニュース / 2019年6月19日 16時45分

新潟県で最大震度6強を観測した地震では、山形県鶴岡市の中心部で液状化とみられる被害も確認された。この場所や周囲は液状化しやすい地形とされており、専門家は散発的に被害が拡大する恐れもあるとして注意を促している。液状化が確認されたのはJR鶴岡駅近くの駐車場だった。1メートルほどの範囲で地面から噴出したとみられる茶色く濁った水がたまっている。その真ん中に乗用車が止めてあったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング