「未知の断層が動いた」 政府の地震調査委が見解 ひずみの集中地域

産経ニュース / 2019年6月19日 23時55分

今回の地震が起きた日本海の東縁部は、岩盤が東西から押されてひずみが集中している場所だ。北海道から新潟県の沖合にかけてマグニチュード(M)7級以上の地震が多発することで知られ、近年は津波で多くの犠牲者が出た平成5年の北海道南西沖地震(M7・8)、19年の新潟県中越沖地震(M6・8)などが起きていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング