保釈率倍増、高まる逃走・再犯リスク 裁判所判断に浮かぶ懸念

産経ニュース / 2019年6月20日 22時5分

窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとして神奈川県愛川町の自宅から逃走した小林誠容疑者(43)について、横浜地検は20日、公務執行妨害容疑で逮捕状を取り、県警が全国に指名手配した。小林容疑者は過去にも複数の事件で実刑判決を受けており、今回の事件は逃走を許した検察当局の失態とともに、裁判所の保釈判断が適切だったのかも問われる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング