11年ぶり被害者に配当 オウム事件で支援機構 約3億5千万円

産経ニュース / 2019年6月27日 19時56分

オウム真理教による一連の事件の被害者や遺族を支援する「オウム真理教犯罪被害者支援機構」は27日、被害者に対する11年ぶりの配当を行うことを決めた。教団の債務を引き継いだ後継団体の「アレフ」や「ひかりの輪」が昨年までに弁済するなどした金額のうち、約3億5千万円を512人に配当する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング