京アニ火災 身柄確保の男、周到に準備 計画的犯行か 下見も

産経ニュース / 2019年7月19日 12時15分

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)のスタジオで18日発生し、従業員ら33人が死亡した放火火災で、京都府警に身柄を確保された男(41)が包丁やガソリン携行缶、台車などを事前にそろえたうえで放火した疑いがあることが19日、捜査関係者への取材で分かった。火災の2日ほど前には付近で男の目撃情報もあり、府警は男が周到に準備し、計画的に犯行に及んだとみて、容体の回復を待って放火や殺人などの疑いで調べる方針。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング